« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

BRICs

先日、教えて頂いた単語「BRICs」を調べてみました。

-------------------------------------------------
■ BRICs(ブリックス)とは?
BRICsとは「brick=レンガ」をもじり、ブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の4カ国の頭文字を並べたもので、台頭する新興大国を意味する造語です。
米国の証券会社ゴールドマン・サックス社が、2003年10月に「Dreaming with BRICs: The Path to 2050」(BRICsとともに見る2050年への道)という投資家向けレポートで初めて使用して以降、広く使われるようになりました。

 BRICs諸国の特徴とは?
広大な国土、原油や鉄鉱石などの豊富な天然資源、労働力の源泉となる膨大な人口を持つのが共通点となっています。

--------------------------------------------------

「国土、資源、人口」この3つを兼ね備えた国が今後強くなっていくということでしょうか。
中国に関しては、特に期待されている様です。

--------------------------------------------------
■中国
かつて日本が1964年の東京オリンピックと1970年の大阪万博を経て経済大国の仲間入りをしたのと同様、中国も2008年の北京オリンピックと2010年の上海万博を経て誰もが認める経済大国へと変貌を遂げるかもしれません。
2003年3月に国家主席の地位を江沢民から継承した胡錦涛を中心とする指導部は堅実な政策運営をしており、いまのところ過熱気味な景気もバブル崩壊にならないようにうまくコントロールしています。
--------------------------------------------------

これだけ期待されている中国ですが、近年
「テロ、大気汚染、食品問題、チベット問題、四川大地震」など【中国は危ない】というイメージが定着しています。
大幅な黒字を期待していた北京オリンピックも終わってみるとどうやら赤字だったようです。
現状の中国の悪いイメージを払拭させるような出来事があるのかどうか、今後期待してみようと思います。

参考:http://www.fxprime.com/excite/bn_ykk/ykk_bn20.html

口パクか、それともエアーボーカルか。

最近何かと目につくのが口パクです。

つい先日、盛大に行われた北京五輪の開会式で、
歌っていた女の子が口パクということが判明し、
話題になっていましたよね。

和製ビヨンセといわれる渡辺直美、 あややのモノマネでブレーク中のはるな愛も
見事なダンス付きの口パク芸ですよね。
ミュージックPVでは、俳優のオダギリジョーが 井上陽水の歌声に合わせて
口パクを披露しているそうです。

そしてついに口パクでCDデビューをしてしまった アイドルユニットが出ました。

=================================================
前代未聞の“口パクアイドル”が誕生した。フジテレビ系バラエティ番組『~ジョーデキ!POP COMPANY~ POP屋』(毎週月曜24:45~)内で結成された、人気グラビアアイドルの南明奈(アッキーナ)、秋山莉奈(オシリーナ)、小阪由佳(コサカーナ)の3人によるアイドルユニット・Peachy’sが、実際には歌わずに8月6日にシングル「My Baby Boy」でCDデビューする。このほどORICON STYLEの独占インタビューに応じた3人は「いいカタチでデビューできて嬉しい!」と揃って喜びを爆発させた。

 日本アイドル史上でも類をみない口パクを“カミングアウト”してのデビューだが、当の本人たちはまったく意に介さず「正直、自分の歌声を聴いて『あ、ダメだ』って思ってました」(秋山)、「一応、声を出しながら練習したんですが、3人の歌声を聴いてガッカリしました。誰か一人でもお上手な方がいらっしゃればね・・・」(小阪)、「このカタチで良かったと思います」(南)と大歓迎モードだ。

(中略)

口パクブームを起こしたい」と今後のブレイクに期待を込めていた。

 Peachy’sの全貌やお披露目イベントの模様は今夜放送の『~ジョーデキ!POP COMPANY~ POP屋』で紹介。ミュージックビデオ及びオフショットを収録したDVD付のデビューシングル「My Baby Boy」は8月6日(水)発売。                                                                         
( ORICON STYLE )

http://contents.oricon.co.jp/news/music/55122/full/
========================================
==========


なかなかのチャレンジャーですよね。
本当の歌声は、森山中・大島ということも 先日判明いたしました。

音楽番組なんかで口パクがバレて大騒ぎということは 昔からよくあることですが、
カミングアウトするだけで立派なビジネスになるんですね~。

これを聞く人は、アイドルの肩越しに大島さんの顔を 浮かべるのでしょうか。

最近は口パクをかっこよくエアボーカルということもしばしばですが、
では、エアボーカルの発祥はいつどこで?
ウィキペディアで探ってみました。

=============================================

2004年、中国広東省にある広州美術学院在学中に学生寮の ルームメイトであった二人組により自然発生したユニット。 バックストリート・ボーイズの曲にあわせて、寮部屋のパソコンに 設置したカメラで口パクと顔、衣装などで歌う真似を撮影し、 大学内のネットワークを使って友人に見せたのが始まり。 この動画がYouTubeを通じ国境を越えて爆発的にヒットした。 日本ではYouTubeのほか、学校へ行こう!MAXで紹介されて知名度が上がった。 彼らのパフォーマンスをエアボーカルと名付けたのはこの番組である。 2006年2月芸能プロダクション太合麦田と契約。 同年6月広州美術学院彫塑系本科を卒業、10月には北京へ移り住み、 以来本格的に芸能活動を開始。2007年8月シングル「哦咦哦咦啊」で歌手デビュー。 口パクからスタートした芸歴に因み、口偏を持つ文字のみを使った曲名となっている。
====================================
==========

模造品の天国といわれる中国ですが、
さすが口パクビジネスも中国発祥とは。

CDデビューしたアイドルにも、ビヨンセ・あややのような
完成度の高いエアボーカルを是非披露してもらいたいです。

こどもだってマーケティング

暑かった夏も気づけばもう終盤
最近は夜もずいぶん涼しくなり、寝苦しい夜からも解放されつつありますgood
オリンピックも終わり、なんだかさびしい気分です

さて、今日はこどもに商売・ビジネスへの関心を実践から学んでもらおうというニュースがあったので、そのことについて書こうと思います。

-----------------------------------------------------

キッズ創業塾:小学生が“商売”を勉強 きょう鳥取で店開き /鳥取

◇商品選び、出店計画、売り方

 鳥取市内の小学生が商売の楽しさを体験する「キッズ創業塾」が18日、始まった。高校生や起業コンサルタントらの力を借りながら、児童32人が商売の仕組みを学び、商品の売り方を考えた。19日午後2時、同市晩稲のイオン鳥取北ショッピングセンターで実際に店を開く。

 将来の起業家を育てようと県商工会連合会が企画。小学5、6年生が参加した。日程は20日までの3日間。ジャイロ総合コンサルティング(東京都)の井手美由樹さん(43)が講師を務め、県立鳥取商業高校(鳥取市)の生徒12人が手助けしている。

 この日は、鳥取市湖山町東4の同連合会に集合。井手さんは「売り上げともうけは違う」と利益の意味を教え、メーカーから客までの流通の仕組みを講 義。児童らは売れる店や商品について、活発に意見を交わしていた。その後、高校生を交えて5チームに分かれ、あらかじめ用意された県産品や駄菓子などから 実際に売る商品を選び、出店計画を練った。

 19日は、5チームがそれぞれ店を出し、黒字を目指す。市立城北小5年の岩田秀喜君(10)は「一生懸命、『ここの店は良いですよ』と声をかけて売りたい」と意気込んでいた。【小島健志】

毎日新聞 2008年8月19日 地方版

-----------------------------------------------------

商品選びから出店まで、子供たちが売る側の立場を経験できることで、働くことの楽しさや喜び、厳しさを身を持って体験でき、働くことへの関心、働く上でのコミュニケーションの重要性を感じることのできる良い機会だと思います。
子供たちも今回の経験を元に自分たちのまわりにあるものに対する新しい考え方や見方がプラスされたのではないでしょうか。

日本では企業家が少ないと言われていますが、このような活動がきっかけで今の子供たちが将来、企業家を目指す日が来るのも近いかもしれません。

何をして遊びますか??

こんばんは。いっすぃ~です。
もう少しで9月です。最近は以前に比べ夜は特に涼しく感じますね。

さっそくですが、皆さんは自分の時間がある場合何をして遊ばれますか?やはり自分の好きなことをして余暇を楽しまれるかと思います。
財団法人社会経済生産性本部のレジャー白書2008で全国15歳以上3,000人対象の余暇活動実態調査結果を以下のようにまとめています。
===================================================================
すすむ余暇活動種目数の“絞り込み”
この10年間で一人の人が1年間に経験する余暇活動種目数がどう変化したかを分析したところ、97 年には全体平均で17.8 種目であったものが、07 年には14.5 種目と約20%縮小しており、余暇活動の“絞り込み”傾向がはっきり見られる。年代別では特に10 代で絞り込みが大きくなっており、若年層のレジャー離れとも関係があるようだ。若年期の余暇経験の貧困化は、この層の中高年期における活動低迷につながる恐れがあり、将来の余暇需要のいっそうの縮小が懸念される。

参加率は低下・活動回数は上昇
一方、余暇活動種目への参加率・年間平均活動回数・年間平均費用等の主要指標の水準変化を調べたところ、この10年で9割の種目が参加率の水準を落とす一方、年間平均参加回数の上昇した種目は6割にのぼっている。つまり、“好きな種目にはいっそう盛んに参加する一方で、関心の低い種目への参加は控える”-いわば余暇活動の選択投資化の傾向がはっきりと認められる。

「選択投資型余暇」の時代へ
むろん余暇活動の“絞り込み”の背景には、個人消費の冷え込みや時間的ゆとりの喪失も影響していよう。しかしそうしたネガティブな要因だけでなく、消費者が関心の高い活動を主体的に選択し、時間やお金等の資源を投資する「選択投資型余暇」への動きが無視できなくなっている。こうした消費者の志向の変化に注目した需要開拓戦略の転換が求められる。
(レジャー白書2008要約(巻頭カラー).pdfより引用)
===================================================================
詳細についてはこちらから

また、若者が携帯電話のメールやインターネットに時間を割き、「余暇スタイルに大きな変化が生じている」と分析されています。

上記の内容について私はまさに当てはまると感じました。

自分が興味のあるものに対しては時間・お金をおしまず投資しますが、自分にとってあまり興味のないものに対してはそもそも行動にうつすのがおっくうと感じてしまうこともあります。(新日本人の考えだとは思いますが・・・)すべて体験しようとするのは難しいと感じています。
余暇経験の貧困化という表現は正直どうなのかと感じてしまいますが、以前に比べレジャーが多様化しすぎて選択せざるおえない状況、また様々なインターネット娯楽の増加、新型ハードの好調によりテレビゲーム利用者の増加なども原因の一つだと感じます。また、何に対して楽しめるのかは個人個人によって異なります。そのためレジャーだけでなくこうした消費者に対してどう振り向いてもらえるのか消費者の志向をさらに分析することが課題ですね。

日本では難しい芸術

こんにちは、トミですwink
みなさんお盆はいかがお過ごしでしたか?
私は読書にゲームという超インドアな連休を過ごしていました。
いえ、それはそれでちゃんとリフレッシュされてますので、ご心配なくcatface

さて、そんなインドアな連休中に最新刊の「のだめカンタービレ(21)」を読みながらふと思ったことを書こうと思います。

のだめカンタービレ(21)」と言えば、みなさんもご存知の通り「クラシック」。
また、以前自分のブログでも紹介した「プライド」は「オペラ」を題材にしています。
そしてどちらも主人公たちは日本人ですが、途中から海外に出てしまっています。

もちろん本場での勉強は必要でしょうが、ではもしマンガの登場人物たちが現実に存在したとして、海外で「勉強」を終えたとして、果たして日本に帰ってくるでしょうか?

おそらく「海外で成功」しない限りは帰ってこない。
もしくは「あきらめて帰国」しかないでしょう。

何故なら、海外で成功しない限り、

「日本では食べていけない」

から。ではどうして日本では食べていけないのでしょうか?

ひとつに、日本人の「芸術」と「お金」を結びつけるのを嫌がる性質(風習?)が挙げられると思います。
確かに「芸術」と「お金」を結びつけるのは、私も少々無粋な気がしますが、それでは現実的に食べていくことは出来ないですよね。

私は高校の時から演劇に関わっていましたが、四国にプロの劇団(人形劇や子供劇団、親族のみの劇団など、特殊なものは除いて)は存在しません。
また、私の知る限り「プロの劇団を作ろう」とする動きもありませんでした。
もちろん「振興」の動きは活発で、それぞれの県に演劇協会があり、いくつかの大きな舞台はしていますよ。(ちなみにアマの劇団は「自分でお金を払って」演ってます。私が最後に居た劇団は月3千円でした。weep

そういえば、香川には以前「劇団786 桂こけ枝一座」というFM香川が主催する劇団がありました。
私は「香川ではこの劇団が一番おもしろい!」と思っていたんですが、それがローカルTVで放送されるということはありませんでした(ラジオや雑誌で宣伝はありましたが)。
今思えば、コネがあるはずの地方放送局とさえ協力体制が無かったのだと残念に思います。
ビジネスとして成り立てば、存続していたかもしれないのに!

おそらくこれは四国独自ではなく、日本の芸術に対するビジネス的な遅れ、なのだと思います。
とてもいい「劇場」を作っても、もともと「目的」がないので結局赤字、みたいな。
おそらくこんなこと、海外じゃ有り得ないんじゃないでしょうかbearing

しかし、こういう体質は日本の特徴であって、変えられないものなんでしょうか?
それともいつか、将来的に変わってくるんでしょうか?

みなさんはどう思われますか?

五輪ビジネス

お盆休みで気が抜けて、さらに夏バテで力が抜けている私とは違い北京では日本選手団が頑張っています。

今が旬の北京オリンピックに視点を合わせてみようと思います。アテネ程ではありませんが、日本選手がメダルをたくさん獲得しております。

喜ばしい限りですが、それだけでなく今回の北京オリンピックは、あまりよくない話題が尽きませんね、口パク・CG花火・公害・人工消雨ロケット・etcいろいろと問題が出ていますね。

しかし、Marketing Eyeの記事ですがら、ビジネスの話題を取り上げたいと思います。

私が注目したのは、オリンピックの放送権です。今回のオリンピックの放送権の総額をみなさんご存知ですか?

17億3700万ドル 日本円にして 1900億円以上
どうですか、このとんでもない金額

ちなみにアメリカのNBCは8億9400万ドル(980億円以上)の放送権料を払っており、全体の約半分を支払っています。

そんなNBCですから、オリンピックに対する影響力も絶大です。

本来、オリンピックなどの大きな国際大会は、競技の決勝を午後に行います。選手もそれに合わせて、午前中に準備をするのが一般的です。

しかし、北京オリンピックでは、競技の決勝が午前中に行われました。これは、アメリカで人気が高い競泳・体操等の競技を、高い視聴率が望める、アメリカの夜の時間帯(日本で言うゴールデンタイム)に生中継する為に、北京の午前時間に決勝が行われるように、アメリカがIOCに要求したのが原因です。

このような話を聞くとスポーツマンシップもお金で買えてしましそうですが、このお金はどこへ行くのでしょうか。非常に気になります。

このお金は、開催国へそのまま支払われるわけではありません。放送権料の収入は、大会組織委員会49%、IOC51%の割合で支払われます。

各国でオリンピック開催地のアピールを必死にIOCへしているのもなんだかわからなくも無い気がしますが、世の中やはり金なのかと思ってしまいます。

祭り事にはビジネスが付いてきますが、スポーツの祭典オリンピック、戦っている皆様には、正々堂々すばらしい記録を出して欲しいものです。

東京オンリーピック開幕

北京オリンピックは開幕しましたが、
バーチャルな奇妙な国際競技大会も開幕しましたので、
ネタ的に投稿します。ややシュールな感じの「男子親離れ」をどうぞ。

東京オンリーピック 公式サイトはこちら

オンリーピック(OnlyPic)とは、 国際オンリーピック委員会 (IOPC:International OnlyPic Committee) が開催する、 21世紀の新しいスポーツ大会です。

OnlyPicはOnly Pictures (他にない唯一の競技映像)の略で、
世界の個性的なクリエイター達により「想像」され「創造」された、唯一無二のスポーツ競技大会を目指します。
スキージャンプ・ペア競技の生みの親でもある、真島理一郎によって提唱され、
それに賛同したクリエイター達により、生み出された新スポーツを、一般に「オンリーピック競技」と呼びます。
No.1にならなくてもいい。オンリー1のスポーツ大会になればいい」という、
どこかで聞いたスローガンの下、個性的で、新しいスポーツの楽しみ方を提案するエンターテイメントイベントです。
プロのみならずアマチュアや一般の方々に広く門戸を開き、単に競技を見るだけではなく、
積極的に参加して(誰もが競技を創って)楽しむという特徴を持つ新しい時代のスポーツ大会です。

主なカテゴリ
1.「オンリーピック公認競技」
選抜選手(プロクリエイター)による、オムニバス・スポーツ競技。約15競技  (2008年8月公開予定)

2.「オンリーピック公開競技」
一般選手(プロアマ問わず)による、スポーツ映像コンテスト

3.「オンリーピック関連競技」
観客、サポーターのインターネット投稿によるスポーツ提案、競技参加、投稿。 (プレオンリーピック期間(2月~)より開始予定)

第一回大会は日本の首都、東京での開催が決定。
2008年8月に「東京オンリーピック」として公開される予定。(プレ大会は2月よりネット上で開始予定)
まだまだ世間に認知されていない競技も多く、実際の競技を見ることは極めて困難で、
そのほとんどが、映像という形で配信されるのも大きな特徴。

「オンリーピック」はフィクションなのかノンフィクションなのかという議論が常につきまといますが、
混乱を避けるために
「この大会及び各種競技は現在のところフィクションです。実際の団体、選手、地名等とは一切関係がありません」
ということになっております。

CAR

こんにちは、夏バテ気味の香ですsun

やはり、1日中クーラーのきいた事務所でいると、体力は低下する

ものですね。

毎週土曜日は、はりきって草野球の練習に行っていますが、やる気

はあるのですが体力がついてこない23歳です。

野球の練習後に、クーラーを効かせた車内でアイス食べながらのん

びり帰るのが幸せです。

しかし、ガソリンの高騰でクーラーや走行距離は控えめにしてい

ます。

やはり、これだけガソリン代がかかると、車離れしてしまいますよね。

そんな中、こんな記事を見つけました。



~引用開始~

トヨタ自動車は15日、購入した新車の車体に企業広告をつけ

て走れば小遣い稼ぎができる新サービス「カーバイト」を始めた。

クルマ離れが進む若者をターゲットに、車両価格を実質値引き

する業界初の販売促進策だ。

まずは神奈川県と北海道の系列販売店7店で試行的に取り組む。

広告主の企業は、神奈川県はUSEN、北海道は北海道テレビ

放送に決定。

小型車「bB」、ハッチバック車「カローラルミオン」、ステーション

ワゴン「カローラフィールダー」の3車種計65台を対象に希望者

を募り、購入した新車の車体に広告を張りつける。

安全運転で月200キロを走り、洗車をするなどの規約を守れば、

広告の車体掲載から90日間で6万円(税込み)が手に入る。

対象車の希望小売価格に対して3~4%程度の収入になる。

車を使ったアルバイトという意味で「カーバイト」と名づけた。

全国展開するかどうかは、試行の反応をみて決めるという。

携帯電話料金などの支出がかさんでいる若者らが車を買いや

すくする「値引き」といえる。客が車に付ける広告に対しスポン

サーが報酬を払うので、トヨタは自ら値引きの原資を出さなくて

も実質的な売価を下げられる。

Ngy200807150008










~引用終了~



ありそうで、今までなかった新しい広告の形です。

広告効果の測定や、実際にちゃんと広告を車体に付けているか

はどのように判定するのでしょうか?

また、この手法を使えばどんなプロダクトにも広告を張り付けら

れることになります。

メーカーが広告枠も売る、なんてことも起きてくるのかもしれませ

んね。

しかし、私個人の考えとしては、自分の愛車に企業の広告を載せ

るのはちょっと抵抗がある気がしますが・・・。

ダイレクトメール大賞

暑い日が続いていますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

最近私の周りの人が、どんどん黒くなってきています。
そんな中私は、白さをキープするため外出はしませんsign02

今回、仕事でダイレクトメールについて調べていたら、面白い賞を発見しました。

全日本DM大賞

ダイレクトメールのコンペです。
私は、審査員特別賞実施効果部門の「ジープ・パトリオットDM」が好きです。
開封するとき確実に楽しいと思います。

銀賞の「理工系大学研究室向けアウトバウンド」に懐かしさを覚える人もいるのではないでしょか

ポストを開けると必ず入っているダイレクトメールですが、メリットとして、

送付するターゲットに合わせて内容を変えれる
 見込客向け、お得意様向けなど変更が可能
レスポンスを測定できる
 クーポンなどついてたりしますよね

ダイレクトメールですが、見づに捨てている場合が多いと思います。
私もパッと見で捨てますdashゴミになりますから。

ダイレクトメールは、開けてもらうことが大切だと思います。
そのためには、

・封筒
・キャッチコピー
・宛名

要は、見た目が大事happy02第一印象で面白くなければ開封してもらえません。
見た目もよくて、中身もよくて・・・・なかなか難しいですthink

ダイレクトメール大賞を知ってから、開けたら、面白いことが待っているような気がするので、届いたダイレクトメールを確認するようになりました。

未だ、大賞になるようなものは見つかっていませんweep
そのうちマイベストが届く日が来るとと思いますsun

オリンピック活用コミュニケーション

オリンピックの開幕まであと7日となりました。

開催に近づくに連れ、オリンピックムードも高まっています。

そこで、今回はオリンピックに関するマーケティングの一つとして、

松下電器産業のプロモーション活動について調べてみました。

----------------------------------------

ワールドワイドパートナー企業のひとつである松下電器産業は、AV機器カテゴリーのトップスポンサーとして、複合的なプロモーション活動を行っている。特にプラズマテレビの「ビエラ」、BD/DVDレコーダー「ディーガ」、テレビ台とアンプが一体化した「ラックシアター」にスポットを当て、AV「三種の神器」でオリンピックを迫力ある映像と音で楽しもうと訴求している。
同社パナソニックマーケティング本部コミュニケーショングループ宣伝企画チーム・米山正晃氏は、「高画質なビエラで臨場感あふれる映像を楽しみ、フルハイビジョンのディーガで北京オリンピックを丸ごと録画しようというコンセプトで展開しています」と話す。

-------------------------------「宣伝会議7/15より」

ビエラ、友人の家にありますが、あの画質には毎回見る度に自分の家のTVに怒りを覚えます。

オリンピックムードに担がれてこの機会に購入する人も多くいそうですね。

パナソニックではオリンピックに向けてWebでカウントダウン企画も行っています。

投稿によって集められたヒト数字の画像を使うことで、オリンピックへの共感や期待感を高めることを意識しているそうです。下記のURLからどうぞ。

http://panasonic.jp/beijing/

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »