« 新しい価値観をもった新ニッポン人 | トップページ | Appleが熱狂的信者を作るために使った12のブランド戦略 »

梅雨入りですね。

初めまして、梅茶です。
6月に入り、梅雨の時期がやってきました。
ピチピチチャプチャプランランラン♪
梅雨は嫌いじゃありません
雨も嫌いじゃありません

ただ、濡れるのが大嫌いです。

そんな事は、どうでもいいんです。
通勤が大変です。
雨が降ると車で移動しないと濡れてしまいます。
最近ガソリン代も馬鹿になりません。
20080601at1j01001010620081f_2 そこで、今回は、

【ガソリンスタンド】

について考えてみたいと思います。
NY原油が1バレル、100ドルを越えました。
そして今月、全国平均レギュラーガソリンが
170円台に、180円台も見えてきました。
私の行きつけのガソリンスタンドも173円と

一気に15円UPもしてしまいました。

こうなると売上も落ち込み
体力の無いガソリンスタンドは倒産する一方です。
消費者は、燃費に優れた小型車へとシフトし、
ガソリン需要が、月平均1~2%減少しているとの事。

元スタンドマンの私としてもガソリンの話題は気になります。

現在多くのセルフ式ガソリンスタンドが存在しますが、
こうなってくると、少しでも安いセルフ式へと
顧客は足を運びそうです。

そんなガソリンスタンドについて
語っちゃいたいと思います。

【ガソリンスタンド】業界動向とマーケティング情報

Sekiyu 石油業界はここ十数年、大幅な規約緩和によって
合併・編成の流れが相次いで起こっています。
海外製品の輸入自由化による自由競争が本格的に始まり、
業界全体の再構築を迫られるようになってきました。

もちろんガソリンスタンドも影響を受け、
店舗縮小・経営の合理化が進んでいるのが現状です。

そのため、給油以外のサービスによる売上の獲得にも、
力を入れる必要性が出てきました。

最近では、コンビニ・飲食店・カー用品店いった
施設の複合サービス店舗が多く見られるようになり、
ガソリンスタンドの経営にも広がりが見られています。

しかし、原油の高等や流通量の減少
によってもたらされた高値水準はこれからも
続くと予想されています。

最近では、少しでも値段の安い物を利用しよう
という消費者心理がセルフ式ガソリンスタンドの
需要を高める効果を生んでいます。
セルフ式ガソリンスタンドは
平成10年の設置許可からその数を増やし、
現在も増加傾向にあります。

ガソリンの店頭価格は高値水準で推移しており、
夏場においてはレジャーや帰省
冬場においては、暖房器具などで使う
灯油を利用する消費者に大きな影響があります。

そうした中で消費者にとっては当分の関心は価格ですが、
市場が安定しなうちは、
価格以外で集客につながる付加価値を
いかに有効な形で提供するかというのも
大きな要素になると考えられます。

今までの受身の体制から
攻めの体制へ変化していかなければ、
これからガソリンスタンドは勝ち残れないのではないでしょうか。

なんて言ってますが、個人的な意見としては付加価値どうこうより

とにかく価格を下げてくれ

というのが正直な気持ちです。

« 新しい価値観をもった新ニッポン人 | トップページ | Appleが熱狂的信者を作るために使った12のブランド戦略 »

コメント

攻めのガソリンスタンド経営は難しそうですね。
値段が上がっても、購入者数と購入量が減らなければ成り立ちそうですが、実際のところ220円/Lぐらいまで行きそうなので、自動車に乗ること自体が大きく控えられることになりそうです。本当に必要なひとだけしか買わない状況になると、マーケティングミックスの効果はは低くなります。価格の影響が大きくなってしまうからです。
ぜひ梅茶さんには、ガソリンだけではなくて、物価高下におけるビジネス環境の変化について今後も語って欲しいです。

すぎさんコメントありがとうございます。

たしかに、価格の影響が大きくなるとマーケティングの
効果はなくなるのは、スタンドで働いていて身にしみました。
それでも現場は、現状を打破いしようといろいろしていたのが
働いている時、印象的でした。
ビジネス環境の変化については私はまだまだ勉強不足ですが、
身近なところから学んで生きたいと思います。

ちなみに画像フォローありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10994/41401037

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入りですね。:

« 新しい価値観をもった新ニッポン人 | トップページ | Appleが熱狂的信者を作るために使った12のブランド戦略 »