18 ビジネス(気になるCM・広告)

iStationのTwitter連動キャンペーン

最近Twitterを使ったキャンペーンが多いですが、iPhoneなどのニュースを掲載している

「iStation」でもTwitterを使ったキャンペーンを実施中です。

「Twitter連動企画!フォロー&ツイートするだけで応募完了!
新型iPod touch、nano、shuffleプレゼント」

らくだのコツコツキャンペーン日記。

特徴はフォローをして、この記事についてつぶやくだけで簡単にキャンペーンの応募が完了することです。

※当選者にはツイッターのDM機能で連絡が来るそうです。

ツイッターを使っていても、私のフォロワーが結構この記事のつぶやきをしてましたので、キャンペーンの

反響度が伺えます。

ちなみに9/13時点のiStationのツイッターのフォロワーは18,912人です。。。

情報の伝播力の高いツイッターを使ったキャンペーンは今後も増えてきそうです。

アクセシビリティについて

こんにちは。トミですcatface
今日はアクセシビリティについて、いいサイトを見つけたので紹介したいと思います。

では、まずアクセシビリティって?
「なんとなくは分かるけど説明は出来ない」という方に簡単な説明を。

情報やサービス、ソフトウェアなどが、どの程度広汎な人に利用可能であるかをあらわす語。特に、高齢者や障害者などハンディを持つ人にとって、どの程度利用しやすいかという意味で使われることが多い。"accessibility" とは「近づきやすさ」「接近容易性」といった意味の英単語である。
特に、Webページについての「利用のしやすさ」を「Webアクセシビリティ」という。これについては「WCAG」(Web Content Accessibility Guidelines)という指針がW3Cによって提唱されている。画像や音声などには代替テキストによる注釈をつける、すべての要素をキーボードで指定できるようにする、情報内容と構造、および表現を分離できるようにするなどの方針が定められている。

(出典:IT用語辞典)

よく「ユーザビリティ」と混同されがちですが、違います。despair
「ユーザビリティ」は「ユーザーがその目的を効率よく達成できるためのWebコンテンツの使いやすさや分かりやすさ」のことで、「アクセシビリティ」は「ユーザーがそのWebコンテンツを使えるか」という基本的なレベルから始まります。

自治体サイトWebアクセシビリティ調査 2007

URL: http://www.u-works.co.jp/jichitai/index.html

Web_2

このサイトのすごい所は、47都道府県17政令指定都市すべての自治体サイトを、分析・評価しているところです。good
項目は以下の7項目。
「音声化対応・操作性・可読性・レイアウト・汎用性・ファイルサイズ・リンクページ数」

嬉しいのは、香川が四国で一番、全国で見てもなかなかの評価ってことです。happy02

デザインばかりが重視されがちな世の中。
されどもいろいろなキャリアに対応しなければならない現場で、理想はともかく、アクセシビリティまで考えてられないよっていうのが本音。down
せめて自治体や各県警察のサイトぐらいは「やさしいサイト」であって欲しいものです。

このサイトをぼんやり眺めながら、デザイン性とアクセシビリティについてもう一度考えてみようと思いました。

ウェブコンテンツのご紹介

こんにちは。トミです。catface
今回は、ウェブコンテンツを2つ紹介したいと思います。

その壱: 株式会社朝日広告社 リクルート

URL: http://www.asakonet.co.jp/recruit2009/

株式会社朝日広告社
そんなに色々なリクルートサイトを見たわけではありませんが、最近(?)ではココが一番印象に残っています。
なんといっても「逆面接」という発想がユニーク!!
さすが広告業界の企業だと、思わず溜息。
私が広告業界を目指して就職活動をしている学生だとしたら、第一志望にすると思います。
なぜなら、まず仕事の内容がより具体的にイメージできるし、同時に上司になるかも知れない人のことも分かったような気になってしまう。
もちろん面接官攻略ができるわけではありませんが。


その弐: ヒントピック - みんなの方法共有サイト

URL: http://jp.hintpick.com/

ヒントピック - みんなの方法共有サイト
最初見た時はOKWaveのようなサイトかと思ったんですが、これがなかなか面白いんです。
みなさんもご存知の通り、OKWaveは疑問・質問に対して不特定多数の人が答えてくれるQ&Aサイト。きちんと「答え」があるわけです。
しかしこの「ヒントピック」というサイトは、あくまでヒント集。
不特定多数の人がYES/NOで「評価」することによって、「役立つ方法の集約を目指している」そうです。
まだ立ち上げたばかりらしく、あまり評価は溜まっていません。
カテゴリーは、健康・会社・恋愛など15種類。
とりあえず私は「耳掃除の仕方5のポイント」を評価してみました。(好きなんです。耳掃除・・・)
携帯版もあるので、みなさんも評価してみてはいかがでしょう?
そのうち日本最大のヒント集になるかも!?


商品とは「つながらないキーワード」で「つなげる」

マーケティングと恋愛は似ている…まず初めに大事な事は、相手に気づいてもらう(Attention)こと。「目に留まるモノ・ヒト・言葉」は、人によって異なるものだが、今回はコレ。

「カルピスソーダ」  By カルピス株式会社

Photo_4

白地×ブルー水玉模様の全身タイツ、本格的な新体操の実演、「ぼくらの未来は、はじけてる」というキャッチ。

「真剣さ(元気・さわやか)」と「躍動感(はじける)」が商品と一致した為、男子新体操をテーマにしたとか。さらにこのカルピスソーダの販売促進は、TVCMに終わらない。

①Web上の検索キーワードは「男子新体操」。商品名や企業名ではない。

Webで男子新体操の全国選手権「ソーダカップ」を開催…冗談ではなく本格的。日本体操協会主催で、協会のサイトにも正式に紹介されている。

商品とは全く関係のないように思えるモノと関連させ、商品に話題性を持たせて活性化。業界が違えど、なにか面白い事を企画・実現したい!と思わせる、ひとつのきっかけになった。

▼参考

他にも、売り出したい商品や企業名ではなく、別の検索キーワードを設定している例。

まじめじゃない野菜ジュース登場

あふれる飲料の商品マーケットにおもしろい切り口でコマーシャルの展開を始めたのが、サントリー「野菜カロリー計画」だ。森三中の村上知子(最近いきなり結婚して話題)が歌う「♪野菜ジュースのカロリーは 以外に 高い~ 高いよ~♪ びっくらこいた~ びっくらこいた~♪」。

これまでの野菜ジュースは、原材料へのこだわりや、健康に対してまじめにアプローチを商品が多かっただけに一般飲料と見間違えるほどのコミカルなクリエーティブに仕上げているところが企画のポイントだろう。

その軽い仕上げが野菜ジュースを飲むことが「本気すぎてイヤだった」消費者に届く可能性をもっているように見える。

サントリー 野菜カロリー計画 CF「びっくらこいた」編

サントリー「野菜カロリー計画」のウェブサイト 

▼参考 Y!オンビジネス 新商品調査「野菜カロリー生活」発売1ヶ月で認知率39%

▼参考
カゴメ「野菜生活」でPUFFYが軽いカンジでアプローチしてますが、
サントリーほどのインパクトがない?